全身疾患に結びつけない為の歯周病治療

歯周病とは、歯と歯茎の間に細菌が繁殖し、炎症が起こる病気です。歯が十分に磨けていないと、歯と歯茎の間にある溝に歯垢、あるいはプラークと呼ばれる細菌の集まりがたまります。

これが原因で炎症が起こり、歯茎が赤くぶよぶよした状態になったり、出血しやすくなってしまいます。更に悪化すると食べ物が食べられなくなったり、歯が抜け落ちてしまったりするため、歯周病治療は出来るだけ早期に行うことが大切です。歯周病治療は、歯周病を全身の病気に繋げないためにも大切なことです。歯周病は口の中だけの病気ではなく、全身疾患、特に心臓病と大きく関連していると言われています。他にも、歯周病になっていると呼吸器疾患や糖尿病などにもなりやすくなると言われています。

歯周病の原因となる細菌は、歯茎から血管に侵入し、血管の中で炎症を起こします。すると炎症部分が固くなり、狭心症や心筋梗塞を引き起こす原因となるのです。呼吸器疾患は、歯周病菌を含む唾液が気管支から肺に入り込み、炎症を起こすことが原因で起こるとされています。特に高齢者がかかりやすく、これは唾液を誤飲しやすいからです。
歯周病治療を考えましょう。

糖尿病に関しては、歯周病による炎症で生じる物質がインスリンの機能を低下させることが分かってきています。インスリンは血糖値をコントロールする物質で、この機能が低下することで糖尿病自体が悪化する他、糖尿病の治療を行う際に血糖値コントロールが難しくなります。全身疾患に繋げない為にも、歯周病治療は出来るだけ早期に始めることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *