歯周病治療は早期発見早期治療

年齢が進むにつれてお口の病気も増えてきてしまいます。

その中でも最も多いのが歯を支えている骨が溶けて歯がぐらぐらになり、最終的には歯が抜けてしまう恐ろしい病気、歯周病です。一度溶けてしまった歯を支えている骨は治療したとしても完全には元には戻りません。

歯周病治療は早期発見、早期治療が一番大切なことです。歯周病治療ならこちらです。

歯周病は進行するとどんどん悪化する一方です。悪くなった段階で歯周病治療を開始したとしても、ほぼ歯が抜け返けていたとしてこの状態からはどんなに頑張っても治療でほぼ回復させることができません。

どんなに頑張っても抜けずに残っていた歯は何かあればすぐに抜歯になってしまうという不安な状態で、歯を残すことは非常に困難です。

ではどうすればいいのか。
歯周病治療は早期発見。
もしもちょっとなりかけてきたかなというときに治療すれば回復を期待することができます。

それが早ければ早いだけ早く回復できます。

軽度の歯周病の時に歯磨きをしっかりして歯石をきちんと取るだけで治療が終わる場合もあるのです。

早いうちの治療として、プラーク、つまり歯垢を正しい歯磨きの仕方を習い指導を受けコントロールしていくプラークコントロール、スケーラーという器具を用いてのスケーリング、スケーリングでは取ることのできない歯の根っこの部分の歯石、細菌に感染した歯質除去をすルートプレーニング。
このような段階で治療を終えることができると早期発見早期治療、歯周病を回復することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *