歯周病治療の基本は歯磨き

歯を失う原因の最も大きな原因となる歯周病ですが、歯周病治療を初期の間に受けることやメンテナンスをすることで進行を抑えることができます。

歯周病ですが治療の中でも重要な基本治療となるものにプラークコントロールがあります。
歯周病治療の90%はプラークコントロールにかかっています。

それは歯ブラシやデンタルフロスなどを使ってプラーク、歯垢を付けないようにコントロールすることになります。

歯垢は生きた細菌の事で歯周病の原因となります。色は歯と同じ色をしていて、水に溶けにくいもので、歯の表面にくっついているのでうがいなどでは取ることはできません。その歯垢、プラークコントロールが完璧に行われることになれば治療の90%が終わったとも言えるのです。歯周病治療を利用しましょう。

それは歯周病はその原因となるプラークが毎日口の中で発生しているのを、毎日取り続けていかなければ歯周病は改善しないからです。
治療にどのような高価なものをしても、痛い治療をしても毎日のプラークコントロールが出来なければ全てが無になってしまいます。

プラークコントロールをきちんとすると、歯茎からの出血が驚くほどに減ってきます。

同時に歯茎の腫れや口臭も減ります。

口の中にいる細菌の80%というものが歯の周りについているプラークの中にいるからです。
歯茎が引き締まってくると歯周ポケットが減って、プラークのいる場所がなくなっていき、口の中が改善していきます。

歯周病治療の中でもただ一つ家でできる治療法は歯磨きになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *