できる人がやっている7つの日記 http://worlddiscus.com My WordPress Blog Mon, 06 Feb 2017 02:32:55 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.7.3 全身疾患に結びつけない為の歯周病治療 http://worlddiscus.com/?p=23 http://worlddiscus.com/?p=23#respond Mon, 06 Feb 2017 02:32:55 +0000 http://worlddiscus.com/?p=23 歯周病とは、歯と歯茎の間に細菌が繁殖し、炎症が起こる病気です。歯が十分に磨けていないと、歯と歯茎の間にある溝に歯垢、あるいはプラークと呼ばれる細菌の集まりがたまります。

これが原因で炎症が起こり、歯茎が赤くぶよぶよした状態になったり、出血しやすくなってしまいます。更に悪化すると食べ物が食べられなくなったり、歯が抜け落ちてしまったりするため、歯周病治療は出来るだけ早期に行うことが大切です。歯周病治療は、歯周病を全身の病気に繋げないためにも大切なことです。歯周病は口の中だけの病気ではなく、全身疾患、特に心臓病と大きく関連していると言われています。他にも、歯周病になっていると呼吸器疾患や糖尿病などにもなりやすくなると言われています。

歯周病の原因となる細菌は、歯茎から血管に侵入し、血管の中で炎症を起こします。すると炎症部分が固くなり、狭心症や心筋梗塞を引き起こす原因となるのです。呼吸器疾患は、歯周病菌を含む唾液が気管支から肺に入り込み、炎症を起こすことが原因で起こるとされています。特に高齢者がかかりやすく、これは唾液を誤飲しやすいからです。
歯周病治療を考えましょう。

糖尿病に関しては、歯周病による炎症で生じる物質がインスリンの機能を低下させることが分かってきています。インスリンは血糖値をコントロールする物質で、この機能が低下することで糖尿病自体が悪化する他、糖尿病の治療を行う際に血糖値コントロールが難しくなります。全身疾患に繋げない為にも、歯周病治療は出来るだけ早期に始めることが大切です。

]]>
http://worlddiscus.com/?feed=rss2&p=23 0
歯周病治療の主な方法 http://worlddiscus.com/?p=19 http://worlddiscus.com/?p=19#respond Mon, 06 Feb 2017 02:30:20 +0000 http://worlddiscus.com/?p=19 歯みがきのコマーシャルで歯周病予防を目的としたものがよく宣伝されています。

予防効果も高いのでちゃんと毎日のケアをしていれば歯周病は防げますが、万が一歯周病になってしまったら放置しておくと最悪の場合歯を支えられずに抜けてしまいますから、適切な歯周病治療を受けることになります。

念のために30歳を過ぎたら定期的に歯科検診を受けましょう。

歯周病治療はまずは基本治療と呼ばれる治療から始めます。

これは歯周病を招いてしまうプラークを除去することを目的としています。

重症で外科治療をしなくてはいけない人でも、この基本治療は受けなくてはいけません。歯周病治療の情報です。

基本治療を完了しておかないとまた歯周病になってしまうからです。

歯周病が進行してしまったら、外科治療に進みます。
除去が難しいプラークや歯石を取ったり、溶けてしまった歯を正常な状態に近い状態にするために行います。

他の健康な歯に悪影響を与えそうな悪い状態の歯を抜き取るのも歯周病治療の一環として行います。
基本治療で終わった人も外科治療までしなくてはいけなかった人もどちらの場合も治療の後の再発予防のための定期検診とメンテナンスを行います。

これをおろそかにしてしまうと再発しかねないので、もう治ったと思っていてもそのまま通院を辞めずに定期的にお医者さんに見てもらうことが大切です。

少しでも自分の歯を一本でも多く残すためには治療後の行動にまで気を配る必要があることを覚えておきましょう。

]]>
http://worlddiscus.com/?feed=rss2&p=19 0
歯周病治療は早期発見早期治療 http://worlddiscus.com/?p=16 http://worlddiscus.com/?p=16#respond Mon, 06 Feb 2017 02:28:23 +0000 http://worlddiscus.com/?p=16 年齢が進むにつれてお口の病気も増えてきてしまいます。

その中でも最も多いのが歯を支えている骨が溶けて歯がぐらぐらになり、最終的には歯が抜けてしまう恐ろしい病気、歯周病です。一度溶けてしまった歯を支えている骨は治療したとしても完全には元には戻りません。

歯周病治療は早期発見、早期治療が一番大切なことです。歯周病治療ならこちらです。

歯周病は進行するとどんどん悪化する一方です。悪くなった段階で歯周病治療を開始したとしても、ほぼ歯が抜け返けていたとしてこの状態からはどんなに頑張っても治療でほぼ回復させることができません。

どんなに頑張っても抜けずに残っていた歯は何かあればすぐに抜歯になってしまうという不安な状態で、歯を残すことは非常に困難です。

ではどうすればいいのか。
歯周病治療は早期発見。
もしもちょっとなりかけてきたかなというときに治療すれば回復を期待することができます。

それが早ければ早いだけ早く回復できます。

軽度の歯周病の時に歯磨きをしっかりして歯石をきちんと取るだけで治療が終わる場合もあるのです。

早いうちの治療として、プラーク、つまり歯垢を正しい歯磨きの仕方を習い指導を受けコントロールしていくプラークコントロール、スケーラーという器具を用いてのスケーリング、スケーリングでは取ることのできない歯の根っこの部分の歯石、細菌に感染した歯質除去をすルートプレーニング。
このような段階で治療を終えることができると早期発見早期治療、歯周病を回復することができます。

]]>
http://worlddiscus.com/?feed=rss2&p=16 0
歯周病治療の基本は歯磨き http://worlddiscus.com/?p=12 http://worlddiscus.com/?p=12#respond Mon, 06 Feb 2017 02:25:31 +0000 http://worlddiscus.com/?p=12 歯を失う原因の最も大きな原因となる歯周病ですが、歯周病治療を初期の間に受けることやメンテナンスをすることで進行を抑えることができます。

歯周病ですが治療の中でも重要な基本治療となるものにプラークコントロールがあります。
歯周病治療の90%はプラークコントロールにかかっています。

それは歯ブラシやデンタルフロスなどを使ってプラーク、歯垢を付けないようにコントロールすることになります。

歯垢は生きた細菌の事で歯周病の原因となります。色は歯と同じ色をしていて、水に溶けにくいもので、歯の表面にくっついているのでうがいなどでは取ることはできません。その歯垢、プラークコントロールが完璧に行われることになれば治療の90%が終わったとも言えるのです。歯周病治療を利用しましょう。

それは歯周病はその原因となるプラークが毎日口の中で発生しているのを、毎日取り続けていかなければ歯周病は改善しないからです。
治療にどのような高価なものをしても、痛い治療をしても毎日のプラークコントロールが出来なければ全てが無になってしまいます。

プラークコントロールをきちんとすると、歯茎からの出血が驚くほどに減ってきます。

同時に歯茎の腫れや口臭も減ります。

口の中にいる細菌の80%というものが歯の周りについているプラークの中にいるからです。
歯茎が引き締まってくると歯周ポケットが減って、プラークのいる場所がなくなっていき、口の中が改善していきます。

歯周病治療の中でもただ一つ家でできる治療法は歯磨きになります。

]]>
http://worlddiscus.com/?feed=rss2&p=12 0
歯周病治療が必要になる前に予防も大事 http://worlddiscus.com/?p=9 http://worlddiscus.com/?p=9#respond Mon, 06 Feb 2017 02:23:45 +0000 http://worlddiscus.com/?p=9 歯のトラブルで、歯磨きをしているときに歯茎から出血をする場合があります。

それが何日も続いたりするわけで、歯茎の出血はなかなか自力では直せなくなる場合もあります。

中には痛みを伴うケースもあり、このようなときには早めの歯医者の受診で歯周病治療を受ける方がよいとされています。歯周病治療では、予防も重要なポイントです。

歯磨きを丁寧に歯と歯茎の間を磨くことで、たまりやすい雑菌の除去や歯石の除去などにつなげていきます。

さらには、歯茎を歯ブラシでマッサージしているため、歯茎がしっかりとすることもメリットでしょう。

人によって様々ではありますが、歯周ポケットなどに毛先が届くようなものも有効と考えられています。

歯周病治療などでよく掃除がなされる歯周ポケットを、なるべく早めにまだ広がっていない間にきれいにしてしまうわけです。

いったん歯周ポケットが広がり、それも進行してしまうとなかなか歯周ポケットが元には戻りませんし、すでに広がったところに雑菌などがたまり、いいことは何もありません。

早めに歯医者に通院して歯周病治療を受け、歯磨きの仕方ブラッシング指導なども受けられるのがよいでしょう。

歯茎から出血をしている場合は、放置すると健康によくないことも分かってきているとされます。

歯周病菌が体をめぐり、他の健康被害が出ることが分かってきているからです。

したがって、なるべく早めに治療を行うように心がけることが、とても大切なこととなります。

歯周病治療の情報はこちらです。

]]>
http://worlddiscus.com/?feed=rss2&p=9 0
歯周ポケットの掃除と歯周病治療 http://worlddiscus.com/?p=6 http://worlddiscus.com/?p=6#respond Mon, 06 Feb 2017 02:21:12 +0000 http://worlddiscus.com/?p=6 歯周病治療では、まず歯周ポケットのごみ掃除が必要になるケースが多いと言われています。

歯周ポケットが広がってしまってそこに歯垢などのごみが入って、歯茎に細菌が入るというものですからその除去が必須というわけです。このとき、歯周ポケットが広がりすぎている場合はその歯周ポケットの引き締めだけではなく、本格的な治療が必要になるケースもあります。
歯周病治療の情報はこちらです。

歯周ポケットがまだ広がり過ぎていない場合は、定期的な検診などで歯周ポケットの深さのチェックなどを行っていき、歯磨きの指導などで様子を見ていきます。歯磨きの時に出血していたものが止まるなどした場合は、歯周病の本格的な治療をしなくてもいいという判断も当然出てくるでしょう。

歯周病治療が本格的に必要にならないように、その都度定期的に治療や検診を行っていくことで、早期に対策を講じることも可能です。したがって、日々の歯磨きをしっかりと行って、歯周ポケットが広がっている場合にはその広がっているところにも届くとされる歯ブラシを使用するといった工夫も重要です。もし、歯周ポケットが引き締まっていけば、それはそれで歯周病治療の必要性が無くなりますから、歯医者での定期的な受診で状態を確認してもらったり、その他の歯垢の除去で事足ります。本格的な治療がなる前に、定期的な歯医者受診で様々なトラブルの元となる歯垢の除去などを行っていくことが極めて重要ですし、日々の歯磨きの仕方一つで変わってくるものです。

]]>
http://worlddiscus.com/?feed=rss2&p=6 0